地域医療の明日をみつめる 厚生連高岡病院ホームページにようこそ。

厚生連高岡病院

〒933-8555 富山県高岡市永楽町5番10号
TEL(0766)21-3930(代) FAX(0766)24-9509
文字サイズ変更
文字サイズを小さく
文字サイズを大きく
厚生連高岡病院トップページヘ
厚生連高岡病院のアクセス情報へ
Loading

診療科・部門 診療科・部門ごとのご紹介

薬剤部

薬剤部理念

 “外来、入院患者さんおよび地域住民の信頼に応え、職能上の最善を尽くすことによって院の発展及び医療の向上に貢献する。”
薬剤部では部の理念に基づき、毎年基本となる方針を掲げています。

薬剤部職員の構成

薬剤部には現在(2012年度)薬剤師20名、事務職員4名、薬剤助手2名が所属し、以下で紹介する仕事をしています。

仕事の内容

・調剤について
薬は内服・外用薬と注射薬に分けることができますが、剤形を問わず、相互作用、用法・用量、投与経路、他科薬剤との重複等が適正かどうかや、配合変化による不都合がないかのチェックをし、疑義があれば医師に問い合わせをし、セフティーマネジメントに寄与できるよう調剤をしています。注射薬の定期分はすべて個人セットを実施しています。1999年4月からは院外処方箋を発行しています。

・医薬品管理について
すべての医薬品の購入や使用部門への供給管理を行っています。また、使用部門・薬剤部門内での定期的な品質管理および適正な在庫管理を行っています。医薬品の使用動向を常に把握し、不動医薬品の整理に努めています。2007年度の採用医薬品数は約1,900品目です。

・製剤について
治療を効果的にするために特殊な医薬品の調製を行っています。院内製剤品目数は約70品目あります。院内製剤の依頼があった時、PL法にのっとり、治験に準じた審議資料を作成しています。 

・無菌調製について
安全で清潔な調剤薬を患者さんに適用するために、高カロリー輸液や抗悪性腫瘍剤などを無菌室で調製しています。他に、造血幹細胞採取の際の細胞保存にも関与しています。

・薬剤管理指導について
入院患者さんに使用されるすべての注射・内服・外用薬の適正使用を推進します。患者さんのベッドサイドに出向き効果や副作用などの服薬説明を行い、副作用や相互作用の早期発見に努力しています。患者さんの薬学的問題においては、看護師と相談して解決するようにしています。必要に応じてカンファレンスにも参加しています。

・医薬品情報業務について
医薬品の適正使用のために、常に最新の情報(使用法、副作用、相互作用、配合変化等)を収集・分析・評価・保管を行い、医師や看護師等に情報を提供しています。また、医薬品に関する問い合わせ・相談への回答や、他院からの持参薬のチェックも行っています。
新薬の採用の際にはそれを評価し、既存の医薬品との比較を行い、採用の審議の段階で重要な役割を担っています。

・治験・製造販売後調査業務について
治験(新しい医薬品を開発するための臨床試験)や医薬品の製造販売後調査の事務局業務を行っています。

・医療チームの一員として
各々の専門知識を有効に生かすことのできるチーム医療に参加しています。
NST(栄養サポートチーム)、緩和医療、感染制御のチームの一員としてラウンド回診への参加や、がん化学療法の投与計画作成への関与を行っています。また、糖尿病教室、肝臓病教室、心臓リハビリテーション教室でお薬についての講義を行っています。クリニカルパス委員会(治療の均一化・標準化=クリニカルパスを定める委員会)では薬剤選択が妥当かどうかの判断にも参加しています。

認定薬剤師

認定資格名 人数
がん専門薬剤師 1
がん指導薬剤師 1
緩和薬物療法認定薬剤師 1
抗菌化学療法認定薬剤師 1
感染制御認定薬剤師 1
栄養サポートチーム(NST)専門療法士 1
心臓リハビリテーション指導士 2
日本糖尿病療養指導士 1