厚生連高岡病院看護師採用サイト

厚生連高岡病院ではやりがいのある毎日があります

つなぐ ひろがる看護の力 あなたの心に届けます!

地域医療支援病院として、地域連携を大切に、地域の皆さんが
「信頼・安心・満足」して頂ける病院を目指しています。

看護部では、三次救急に対応し、患者さんに最善の看護が提供できるよう、
看護実践能力の高い認定看護師の育成・活動支援、またキャリアアップへの教育体制の充実を推進しています。

平成29年度、看護師労働環境改善ワーキンググループを立ち上げ、
適切な労務管理の整備も順次行っています。

Attraction

厚生連高岡病院の魅力

厚生連高岡病院では、患者さんに寄り添った「思いやりのある看護」を大切にしています。
そんな看護部の魅了をご紹介します。

キャリアアップへの研修体制の充実

キャリアアップへの研修体制の充実

当院は、富山県高岡市を中心とする県西部の基幹病院として、三次救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院など、多くの指定を有し高度総合医療を推進する急性期病院です。

また県西部地区唯一、NICUを有し、地域周産期母子医療センターとして地域の産科からの母体搬送等も受け入れ、助産師が活躍出来る職場です。

新人看護師一人に対して、プリセプターナース・実地指導者・教育担当者が中心となって指導を行います。看護の基本知識・技術が習得できるように病棟スタッフがサポートします。

1年間、確実にステップアップできる研修制度があります

看護のエキスパートを目指せる環境

看護のエキスパートを目指せる環境

認定看護師・専門看護師の育成

認定看護師は、専門領域で活動できるエキスパート看護師。当院では、12分野18名の認定看護師が活動しており、資格習得も積極的に支援しています。

キャリア開発ラダーシステム

日本看護協会が求める看護実践能力「ニーズをとらえる力」「ケアする力」「協働する力」「意思決定を支える力」の4つの力、さらにキャリアを組織役割遂行能力、自己研鑽・研究で構成したキャリア開発ラダーシステムを活用し、急性期病院に求められる人材の育成を行っています。

キャリア開発ラダーシステム

個々の看護師が個人のライフサイクルに応じた能力を発揮するために、組織の課題との統合を図りながら、
職業を通じて自己実現に向けた看護実践能力に対応した段階的教育システムを導入しています。

看護師採用サイト|厚生連高岡病院 看護師採用サイト|厚生連高岡病院

充実した救急医療センター

充実した救急医療センター

圏内人口約45万人の三次救急に対応しています。重症患者(心肺停止、ショック、重症外傷、脳血管障害、急性中毒など)の診療を、必要に応じて各診療科と連携をとりながら24時間365日体制で行っています。

当院の医療救急センターは、看護師が三交代で勤務しており、24H体制で医師も在籍しております。

看護本来の基礎的能力を確かなものとし、さらに高度な専門性を身につけていくことでき、日々の業務の中で知識・基礎的看護能力・注意深い観察力・臨床判断能力を養うことができる病院です。

VOICE

看護師の声

真岸瞳

真岸瞳さん

入職3年目
集中治療病棟

急性期医療の魅力、救急を志望した理由

学生の時に、DMATやコードブルーに関する講義を受けてから、救命救急に興味を持っていました。人の生死に関わることはとても責任が大きいですが、搬送されてきた重症患者さんの状態が安定し、一般病棟に移ったとき時にはやりがいを感じています。

厚生連高岡病院の魅力、職場の雰囲気を教えてください

先輩が優しく、丁寧 に教えてくれます。学生の頃、実 習でとても優しく患者さんに声をかけ対応している看護師が多いと感じ、厚生連高岡病院への入職を決めました。実際に働いてからもそのように感じています。また、3次救急病院としてたくさんの救急車の受入れを行って おり、 様々な疾患や処置など学べます。研修も多く、学ぶ場としてはとても良いと思います。

仕事をして良かったと感じたエピソード、やりがいを感じた場面などはありまか?

急変時、何もできず患者さんの手を握り、声をかけることしかできなかった私に対して「あの時そばにいてくれてありがとう。とても心強かった。」といって下さった患者さんがいました。寄り添うことも看護になると気付いた経験です。もっと頑張ろうと思いました。

どんな制度を活用していますか?

レクリエーション休暇は、温泉 やディズニーランドなど行きたい場所を選んで、院内スタッフと交流ができる機会です。リフレッシュにもなり、とても楽しいです。また制度ではありませんが、年に2〜3回看護師長との面談があり、そこでキャリアの相談もできます。自分のなりたい姿をきちんと伝えられる場です。

今後の目標はありますか?

看護師となり3年目ですが、まだまだ手探りの状態です。急変時も落ち着いて臨機応変に対応し、患者だけでなくその家族 の不安も取り除ける看護師になれるよう日々成長していきたいです。

前田真代さん

前田真代さん

入職13年目
救命救急病棟

急性期医療の魅力、厚生連高岡病院の魅力を教えてください。

急性期での対応は、看護師の基本スキルとして重要だと思います。特に救命救急の場合は、初期にどのように対応・処置するかによって、患者さんの命に関わってきます。搬送される患者さんの病態はさまざまなので、この疾患ならこう対応するという決まりはありません。そのため、常に学びの毎日です。そこに魅力を感じています。また、厚生連高岡病院は、3次救急病院であり急性期医療、高度な看護を学ぶことができ、提供している医療水準も高いと感じています。地域に頼られている病院で働くことは私の誇りです。

仕事をして良かったと感じたエピソード、やりがいを感じた場面などはありますか?

長期間、人工呼吸器を装着し厳しい治療を継続されていた患者さんが一般病棟に出て、その後救命救急病棟まで歩き回復した姿で私たちに会いに来てくださったことです。

職場の雰囲気を教えてください。

尊敬できる人が多い職場です。現在、2児の子育てをしながら育児短時間制度を活用して働いていますが、周りの皆さんに支えられ、理解をいただいていることに感謝して毎日働いています。

どんな制度を活用していますか?

育児短時間制度を活用しています。職場の方々の理解が必要不可欠ですが、病棟の皆さんには本当によくしてもらっています。また、制度ではありませんが、最近は部署の委員会は勤務時間内に終われるよう、院内の意識が高まっていると感じています。そのほか、院内のラダー研修や、看護協会主催の研修など院内外の研修にも参加でき、スキルを高めていける環境です。

今後の目標はありますか?

育児短時間制度を利用し、緊急度、重症度の高い患者さんへの責任ある仕事を継続しながら、子供との時間も確保でき、精神的余裕を持ちながら仕事と家庭の両立に励むことができています。今後も職場でも家庭でも役割を担っていけるよう努めていきたいです。また、BLSやALSなどの資格も取得し、救命救急の知識をさらに習得したいと考えています。

南本祐希さん

南本祐希さん

入職18年目
救命救急外来

急性期医療の魅力、救急を志望した理由を教えてください。

内科病棟での勤務を経て、現在は新人の時から興味のあった救命救急外来に勤務しています。毎日新しいことに触れ、日々刺激も多く、向上心を持って日々業務に取り組んでいます。特に救命救急センターでは最初の処置がその後の患者さんの回復に影響する、とても重要な役割を担っていると感じています。全ての患者さんに同じ処置をすることはないため、これまで培ってきたことを発揮することができたか、毎日振り返りの日々ですが、成長を感じられる環境です。

厚生連高岡病院の魅力、職場の雰囲気を教えてください。

専門性を磨くことができ、自分の目指す姿、目標を実現できる病院だと思います。また、当院は男性ナースの割合も多いことが特徴です。メンズ会という名の懇親会もあり、親睦を深められる場をつくっています。入職したての人も安心して働いてもらえるよう、何かあった時は是非相談してもらいたいと思います。

厚生連高岡病院のナースとして心がけていることはありますか?

毎日新しいことが多く刺激的である一方、日々の勉強、学びは欠かせません。特に新人の時や、3〜4年目では、わからないこともたくさんありました。でもそのようなときこそ、どう乗り越えるか、ここが踏ん張りどきだ!と言い聞かせて、頑張ってきました。大変さを乗り越えたからこそ、諦めずに続けたからこそ、充実感を感じられるようになるのだと思っています。

どんな制度を活用していますか?

リフレッシュ休暇はとても嬉しい制度です。自分の休みに合わせて取得ができますので、趣味やリフレッシュに活用しています。その他、専門看護師助成制度や認定看護師助成金制度など、資格取得を目指すナースにとってはスキルアップできる制度もあります。病院が全面的にサポートしてくれます。

Welfare

福利厚生

一人ひとりの成長をチーム全員でサポートします

一人ひとりの成長をチーム
全員でサポートします

一人ひとりが、安心して働きながらそれぞれのライフプランを実現させられるよう、福利厚生も充実させています。

またキャリアステップができる環境で、長くキャリアを築いていきたい方を厚生連高岡病院は応援します。

  • 専門看護師助成制度
    認定看護師助成金制度

    看護の現場で働きながら資格取得を支援しています。資格取得の研修は出張扱いとなり、研修期間中は給与が支給されます。 諸経費の補助もあり安心して学べる環境に協力しています。
  • リフレッシュ休暇3日間

    毎年4月1日~3月31日の間に連続3日間の休暇がとれます。
    リフレッシュ休暇に2日間の有給休暇と土日の休日を続け、9連休の取得が可能です。
    休暇を利用して毎年、海外旅行もするスタッフもいます。リフレッシュ休暇の他にライフサポート休暇1日、レクリェーション休暇1日も年に1回取得でき、仕事と私生活の充実が図れます。
  • 完全週休二日制

    毎週必ず2日間の休日があります。ただし、病棟は3交替勤務なので、休日が土日になるとは限りません。 平日に休みがとれるのも何かと便利な場合もあります。
  • 育児助成制度

    看護職員が未満児の子供を保育施設に入園または入所させている場合、1子ごとに助成金が受けられます。 育児休業・育児短時間勤務など働きながら子育てをする支援が充実しています。
  • 看護師宿舎
    「ハイムフェル-ド」

    女性専用宿舎が病院から徒歩2~3分の所にあります 職員に配慮した室料で入居できます。自宅が遠方の方はご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Q&A

よくある質問

厚生連高岡の看護師募集に関するよくある質問をまとめています。

看護体制はどのようなものですか?
モジュール型継続受け持ち方式です。
PNSを導入しています。
勤務体制はどのようになりますか?
病棟部門は3交替で24時間看護を行っています。
日勤8:30~17:00 準夜16:30~1:00 深夜0:30~9:00
手術室は二交代勤務です。血液浄化センターは日勤と遅出勤務です。
配属場所の希望はかないますか?
なるべく希望に沿った配属を考えています。
配置人数が決まっていますので、関連部署へ配置となる場合もあります。
夜勤はいつ頃からはじまりますか?
1年目の6月頃から夜勤オリエンテーションを始め、7月頃から見学、見習いと徐々に夜勤を体験していきます。安心して夜勤を始めることができるように、先輩スタッフみんなでサポートしていきます。
勤務異動はいつ頃ありますか?
異動年数は決まっていません。リーダーとして活動できる―3年目以降になる場合が多いです。勤務異動申請書を提出し、異動を希望することもできます。
一度退職されて、戻ってこられた方はいますか?
他院での勤務を経て、当院に戻られた方はいます。他院で経験されたこと、また当院で勤務している時には気づかなかったことなどをフィードバックしてもらえる、大きな戦力です。

Scene

働く現場を見る

  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像
  • スライド画像

Other Information

その他の情報

看護部のそのほかの情報はこちらからアクセスできます。