地域医療の明日をみつめる 厚生連高岡病院ホームページにようこそ。

厚生連高岡病院

〒933-8555 富山県高岡市永楽町5番10号
TEL 0766-21-3930(代) FAX 0766-24-9509
文字サイズ変更
文字サイズを小さく
文字サイズを大きく
厚生連高岡病院トップページヘ
厚生連高岡病院のアクセス情報へ
Loading

看護部のご案内 思いやりのある看護を提供します

看護部の紹介

看護部長の挨拶

厚生連高岡病院 看護部長 秋山 朝子

厚生連高岡病院
副院長・看護部長
秋山 朝子

当院は、県西部の基幹病院として、三次救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院など、多くの指定を有し、今後も高度総合医療を推進する急性期病院として地域の皆様に頼られる病院を目指しています。また富山県西部地区唯一、NICUを有し、地域周産期母子医療センターとして地域の産科からの母体搬送等も受け入れ、助産師が活躍出来る職場です。
看護部では、「患者さんの視点に立った看護を実践し、専門職としての責務を果たします。ひとり一人に看護の最善を尽くす」を理念として、一人の患者さんのためにチームで関わり、その医療職の中で看護職がキーパーソンとなって様々な調整ができるよう、日々努力しています。そして認定看護師・専門看護師等のスペシャリストの育成支援には病院を挙げて取り組み、毎年優秀なスペシャリストを輩出しています。そのスペシャリストの力も借りながら、3次救急やダビンチ手術など、高度な医療に対応し急性期看護ができる看護師の育成に取り組んでいます。そして、その意欲のある看護職を求めています。
またこれからの看護職は、地域包括ケアシステムの中で地域住民の一員としても地域に貢献しながら、自身も活き活きと生活できるように仕事と生活の調和を図っていくことがとても重要な事と考えています。その為、通信機能付きバイタルサイン測定機器の導入や夜間の看護補助者、看護事務員の採用など様々な労務環境改善活動に取り組んでいますが、これからももっともっと働きやすい職場環境となるよう他職種とも協働して改善に努めていきます。
そして患者さんも職員も『厚生連でよかった。やっぱりなかったら困る』と思ってもらえるような病院を目指します。

看護部理念

患者さんの視点に立った看護を実践し、専門職としての責務を果たします 一人ひとりに看護の最善をつくす

看護部基本方針

  1. 患者さんの権利と意思を尊重し、思いやりのある看護を提供します
  2. 安全で質の高い看護を提供します
  3. 高度急性期看護を担うため、自己啓発に努めます
  4. 看護師が多職種を結ぶキーパーソンになるよう努めます
  5. 次世代を担う看護職を育成します
  6. 職員が安心して働き続けられる職場を目指します