地域医療の明日をみつめる 厚生連高岡病院ホームページにようこそ。

厚生連高岡病院

〒933-8555 富山県高岡市永楽町5番10号
TEL 0766-21-3930(代) FAX 0766-24-9509
文字サイズ変更
文字サイズを小さく
文字サイズを大きく
厚生連高岡病院トップページヘ
厚生連高岡病院のアクセス情報へ

ニュース&トピックス

M先生のコラム

大腸内視鏡検査に見る人生の要諦

消化器内科医にとって登竜門といってもいい大腸内視鏡検査。

挿入には高度な技術が要求され、一歩間違えれば穿孔して大惨事となる。

これまで、曲がりくねる大腸を力でねじ伏せ、思い通りに入れることに腐心してきたわけだが、

経験を重ねるにつれ、

大腸内視鏡検査は「入れる」のではなく「入る」ものなのではないかと思い至るようになった。

曲がりには曲がり、直線には直線でと、大腸の動きに応じて合いの手を入れるようにすると、あら不思議、スコープは奥へ奥へと勝手に入っていく。

転じてこれは人間関係にも言える秘訣のようにも思う。

相手を思い通りにしようと躍起になるよりも、出方に応じて丁寧に対応していくと、案外道は開けるものだ。

「入れる」より「入る」

大腸内視鏡検査の極意は人間関係の要諦でもあるのかもしれない。

本藤 有智
真生会富山病院 消化器センター
厚生連高岡病院 消化器内科 非常勤医師