地域医療の明日をみつめる 厚生連高岡病院ホームページにようこそ。

厚生連高岡病院

〒933-8555 富山県高岡市永楽町5番10号
TEL 0766-21-3930(代) FAX 0766-24-9509
文字サイズ変更
文字サイズを小さく
文字サイズを大きく
厚生連高岡病院トップページヘ
厚生連高岡病院のアクセス情報へ
Loading

厚生連高岡病院 卒後臨床研修医(初期研修)

卒後臨床研修(初期研修)新着情報

Dr. Kris “Siri” Siriratsivawongによる臨床教育レクチャー

1205-1今回の研修医レクチャーはDr. Kris “Siri” Siriratsivawongによる英語での問診についてのレクチャーでした。Kris先生は横須賀米海軍病院一般外科部長を務められた後、現在は昭和大学医学部 医学教育学講座 講師として医学教育に携わっていらっしゃいます。当院にも定期的にお越し頂き、その都度大変興味深いレクチャーをして頂いております。
今回のレクチャーでは、まず導入として英語の問診で用いられる一般的な挨拶や主訴の訊き方、患者への共感を表す表現等を教えて頂いた後、FATIGUE(倦怠感)、COUGH(咳嗽)、DEMENTIA(認知症)、小児の問診の4つのテーマについて英語での問診の仕方を教えて頂きました。

レクチャーは、それぞれのテーマについて質問の仕方や押さえておくべき問診のポイントについて講義を受けた後、研修医同士でペアになり、医師役、患者役に分かれて問診の練習をしたり、スマホを使ったクイズをしたりと、自分たちで実際に英語を使っていく形式になっており、レクチャーを受けている間に自然と英語に慣れていく感じがしました。

1205-2

1205-3

外来などでの日々の診療において、英語で問診を行わなければならないというケースはそれほど多くはないとは思いますが、海外からの旅行者や日本で暮らす海外出身の方は今後も増えることが見込まれ、医療における英語スキルの需要も増してくると思われます。今回学んだ表現を忘れず、将来に活かしていきたいと思います。
最後になりましたが、今回レクチャーして頂いたKris先生、このような機会を与えてくださった厚生連の先生方に感謝申し上げます。
(研修医K)