地域医療の明日をみつめる 厚生連高岡病院ホームページにようこそ。

厚生連高岡病院

〒933-8555 富山県高岡市永楽町5番10号
TEL(0766)21-3930(代) FAX(0766)24-9509
文字サイズ変更
文字サイズを小さく
文字サイズを大きく
厚生連高岡病院トップページヘ
厚生連高岡病院のアクセス情報へ
Loading

厚生連高岡病院 卒後臨床研修医(初期研修)

院長からのメッセージ

院長

令和2年4月1日から当院の院長をしています寺田です。当院は、富山県西部地区の基幹病院として、約32万人の高岡医療圏を中心とした地域の皆さんの医療を支えています。「患者さんと職員が、信頼・安心・満足でき、幸せになれる病院を目指します。」という理念のもと、9つの基本方針(ビジョン)を立てています。その中にもあるように、診療面では「救急医療」と「がん診療」を大きな柱としており、また研修医や学生の教育研修に努め優れた医療人を育成することを、当院の重要な役割であると位置づけています。特に、富山県西部地区では唯一の3次救急を担う救命救急センターを運営している救急科と、7年にわたる米国臨床留学を経て帰国した狩野医師を招いて平成27年11月に開設した総合診療科は、研修医の指導に重要な役割を果たしています。すなわち、当院の初期臨床研修では、救急医療を中心とした総合的な診療能力を身につけることを大事にしています。また、金沢大学、富山大学、金沢医科大学からの常勤医の派遣を受け、32診療科を運営しており、初期臨床研修で必要なほぼ全ての疾患を経験することができると思います。さらに、逆たすき制度により、基幹型の研修医は、金沢大学及び富山大学での研修も可能となっています。その他、英語授業や研修医教育に熱心な著名な先生方をはじめ、院外から様々な講師をお招きして研修会を活発に開催しています。
高岡は、神秘の富山湾に抱かれ、神々が宿る立山に守られた、風光明媚で、海の幸山の幸が豊富で美味しく、自然災害の少ないとても住みやすい街です。日本の渚百選に選ばれた雨晴海岸からは、海越しに3000メートル級の立山連峰の大パノラマを見ることができ、過去には、この景観に衝撃を受け、はるばる九州から当院の基幹型となった研修医もいます。このような素晴らしい環境のなかで、是非当院にて医師としてのキャリアを開始されんことを祈念しています。皆さんにお会い出来る日を楽しみにしています。

令和2年4月
厚生連高岡病院
院長 寺田光宏